早漏治療薬のプリリジーという薬はご存知ですか?日本ではまだ認可の下りていない薬ではありますが、すでに世界各国で承認されており世界中で使用されています。プリリジーを扱っている日本の医療機関は僅かなので、その特徴や個人輸入の方法を解説します。

プリリジーでどれくらい持続時間が伸びる?

男性の性の悩みのひとつに射精のコントロールがうまくいかないということがあげられます。
性経験の少ない若い世代の人にも多い悩みですし、包茎が影響していることもあります。そして、興奮をうまくコントロールできないことなども射精のタイミング二影響が出てしまいます。
特に早漏は女性が満足感を得られない間に射精が終わってしまうこととなり、場合によっては気まずい雰囲気となり、性行為を存分に楽しめないという問題も出てきます。
射精の時間については人と比較しづらいものもありますが、挿入後にすぐに終わってしまう場合などはやはり早漏と考えてよいでしょう。
こうした悩みを改善する方法も様々な方法がありますが、特にプリリジーは高い改善効果を得られるとして注目されています。
プリリジーは世界初の内服による早漏治療薬でダポキセチンが主成分です。
どれぐらい持続時間が伸びるのかも知っておきたいですが、人によって差はあるものの、初めての服用の場合でも約2倍、継続して使っていくことで3~4倍にもなるとされています。
プリリジーはセロトニン再取り込み阻害薬という薬に分類されており、うつ病の改善などにも役立てられています。
早漏は脳内の伝達物質であるセロトニンが不足していることで異常な興奮が起こるとされていますが、こうした薬を性行為前に飲むことで、脳内のセロトニンが増加し、よりリラックスして性行為を行えるようになっています。
短時間作用の薬で、その効果の持続時間は5~6時間程度とされており、24時間以内には主成分であるダポキセチンはほとんど体外に排出されるとされています。
こうした薬で完治ができるというのではありませんが、服用することで、その日の性行為をより充実したものとしてくれます。

プリリジーの副作用はどのようなものがあるか

プリリジーの副作用は主に意欲の低下や性欲の低下、直射日光に当たった時の皮膚炎などがありますが、個人差があるので、ほとんどの場合は副作用を感じることはありません。
性欲が低下して場合にはプリリジーの服用を中止したり、服用する量を調節するなどすると正常な状態に戻りますが、脳内のセロトニンの量を調節する薬なので、副作用が出ても本人は気が付かない場合が多いので、注意をする必要があります。
セロトニンは太陽の光に一定時間当たることで、脳内に分泌される物質で、気分を落ち着けたり、緊張や不安を軽減することもできる物質です。
室内を明るくしたり、有酸素運動を一定時間継続して行うことでも分泌する物質ですが、プリリジーを服用してセロトニンの量を増やすことで射精の時間を長くすることができます。
もともとSSRIの薬には射精障害の副作用があるので、この副作用を利用して開発されたプリリジーは早漏を予防する強い作用があるので、射精までの時間を3分以上長くすることができます。
正常な射精ができるようになるとセックスの満足度が高くなるので、不妊症の治療にも役に立ちます。
早漏を根本的に治療するためにはリラックスをすることが重要で、そのためにはセックスの前に少量のアルコールを飲むと一定の効果があります。
アルコールは脳を興奮させて一時的に性欲を高めますが、感覚を鈍くする作用もあるので射精を遅くすることができます。
心因性の早漏は一時的な症状なのでセックスを続けていると自然に治癒することがあり、また体が疲れているのが原因の場合には休養を十分にとることで早漏を予防することができます。
早漏は一度完治させると仕組みを理解することができるので、再発が少ないとされています。

プリリジーが安全に個人輸入出来るサイトについて

プリリジーが安全に個人輸入出来るサイトは、セキュリティ対策がされていて、さらに輸入経路がトレースできるなどの信頼性の高い業者で、さらに第三者機関でプリリジーなどの薬の成分を検査している場合は安全に個人輸入をすることができます。
安全に個人輸入ができるサイトは基本的にはプリリジーなどの薬を正規のメーカーから直接購入しているので偽物のリスクが少ないのですが、輸送されている途中で入れ替えられるリスクもあるので、口コミ情報などを調査して信頼性が高い業者を利用する必要があります。
プリリジーは早漏を予防する薬で、緊張感や不安感も取り除くことができるので、射精までの時間が長くなるだけではなく、精神的にも安定します。
脳内のセロトニンを増やす効果があるので、気持ちが落ち着いてストレスを感じても興奮することはありません。セックスの時に興奮しすぎて早漏になったり、不安な気持ちになって勃起不全を起こしてしまう場合にはプリリジーを服用することで改善することができます。
プリリジーのようなSSRIの薬は精神科に受診すると処方されることがあるので、その場合には同じ効果があるので同時に服用することはできません。
またプリリジーを継続して半年以上服用すると射精が3分以上遅くなるのですが、性欲の低下や物事に対する意欲の低下などの副作用が出た場合には薬を変える必要があります。
セロトニンは気持ちを落ち着ける効果がありますが、多すぎると感情を過剰に抑制するので、セックスの刺激を感じにくくなる可能性もあります。
射精が遅くなりすぎると女性にも負担になるので、適度な時間に射精ができるように薬の量を調節することもできますが、医師や薬剤師に相談をする必要があります。